東京會舘とわたし(上・下) 辻村深月/著

f:id:sunsetmusic:20170416162159j:image


第1章「クライスラーの演奏会」を読み始めたときは今までとはちょっと作風が違って読みづらいなと思ってしばらく寝かせてしまいました。
でも2章、3章と読むにつれて前の章のエピソードがちらちらと出てきたり、作中に描かれている東京會舘で働く人物たちが活き活きと誇りをもって働いている姿が、今の職場で働くことに若干の嫌気を覚えていた私にはとても眩しく感じて、気づけば夢中で下巻まで読んでいました。
恥ずかしいのが、第5章「しあわせな味の記憶」のクッキーの缶の話で「TOKYO KAIKAN」と出てくるまで、東京會舘を「とうきょうそうかん」と読んでいたこと。
第9章「煉瓦の壁を背に」では、何箇所か「図書室で暮らしたい」で読んだことあるなという場面があってその都度ちょっと面白くなってしまいました。

作品を読んでいるととにかく東京會舘という場所に一度は行ってみたいと思えます。
今は「新新舘」への建て替え中とのことなので、すぐには叶わないみたいですが。

 

 

すのこで小物置き

f:id:sunsetmusic:20161217234807j:image

 

今回もダイソーで材料揃えてきました!

すのこ×2

ウッドボックス×3

 

この材料見れば概ね完成図はお分かりかと思いますが、完成品はこちら

f:id:sunsetmusic:20161217235000j:image

 

まず、すのこの幅が若干大きかったので一枚分カット!

ノコギリ持ってなかったのでダイソーで150円のものを購入してきました。

そして、少し色を暗くしたかったので同じくダイソーで水彩ニス(チーク)とハケを購入。

初めての色ぬりだったので塩梅とか色々失敗した感はありますが、まぁ手作りという事でよしとしましたw

あとはボンドでくっつけて完成です(*´ω`*)

 

カウンターでお茶っぱとかを置くのに使ってます♪

 

すのこの切り落とした部分を何かに使えないか模索中。。

四月になれば彼女は 川村元気/著

f:id:sunsetmusic:20161126233058j:image

 

書店で平積みになっていて、ウユニ塩湖の写真と新海誠監督の書評?に惹かれて購入。

 

なぜ人は恋をするのか

なぜ人は結婚するのか

終始この2つについて考え続ける作品でした。

 

特に共感できたのはタスクという人物。

自分は結婚できない、そういう未来はない気がする。ずっとひとりでいるしかない。

そんな考えが今の自分に通じるところがあって、それを改めて文字で見ると腑に落ちて来ました。

とにかく彼の言葉にいちいち共感に近いものを感じました。

 

はじめて付き合った彼女ハルが自分の中では、だいぶ昔の映画ですが「ただ、君を愛してる」のシズルに重なりました。

写真を撮る女子という共通点があるからかもしれないですが、読みながら何度もシズルを思い浮かべてしまいました。

 

 

文庫X

f:id:sunsetmusic:20161116003521j:image

 

地元の本屋に以前ネットニュースで見たことのある「文庫X」が置いてあったので買ってみました。
家に帰って中身を確認した瞬間、「なるほど、そういうことか、やられたな」という感想を持ちました。
ちょっと悩んだ末に読み始めたら見事に読まされました。500ページほどの本を半日で読み切ったのは初めてです。

ネットではだいぶ中身のネタバレもあるみたいですが、発案者の方は12/9に「文庫X開き」をするとのことなので、内容には触れないことにします。ご興味のある方は書店で見つけたら手にとってみてください。

きのうの影踏み 辻村深月/著

f:id:sunsetmusic:20161113224517j:image

 

13編収録されている怪談の短編集。

 

朝が来るを読んですぐに読んだせいもあるのか、不完全燃焼感が残りました。

朝が来る 辻村深月/著

f:id:sunsetmusic:20161107231735j:image

 

帯を見たイメージは誘拐事件でしたが、

実際は特別養子縁組の話です。

 

養子縁組でもあまり馴染みがない話ですが、

子どもを授かれなかった夫婦の話が印象的で、

実際に夫婦で不妊治療に挑む時はこんな感じなのかと思うと、とても怖いように思いました。

 

子どもを手放さなければいけない子の話はあまりにも置かれている環境が極端すぎて、ただただ読み進めていました。

 

感想を書くのがとても難しい作品でした。

京都の自分へのお土産 食べ物編

お久しぶりになりました!

今回は先日行ってきた京都旅行で買ってきた自分へのお土産をご紹介したいと思います^ ^

他の人へのだと八つ橋とか結構ありきたりになりますからねw

 

f:id:sunsetmusic:20161023221224j:image

「ちいさなだいやす」

旅行中の朝食用に駅内の売店で買ってすごく美味しかったし、1つ157円とお手頃価格だったので今週分の夕飯のお供に買ってきました。

常温保存が可能なものは30日以上の賞味期限だったり、常備食として買い溜めしてその日の気分で食べていくのもありかもしれません。

写真は私が買ったもので、全ラインナップのごく一部です^ ^

京都駅の地下のお土産さんで購入できます。

 

f:id:sunsetmusic:20161023221857j:image

おうすの里

「はりはり漬け」

「梅のり」

産寧坂店でいろいろ試食させていただいた結果購入した2品です。

どんな梅が好きかなど好みに合った梅の試食もさせていただきました。実は今まで酸っぱくて梅はあまり食べなかったのですがね思い切って試食!甘すぎず酸っぱすぎない「献上梅」が美味しかったです(≧∇≦)

ただ、買って帰って食べきる自信がなかったので今回は購入見送り(^^;;

 

f:id:sunsetmusic:20161023222551j:image

「京の九条ねぎえびせんべい」

前回の京都旅行で試食して大好物になり、今回も買ってきました!4袋w

前回は京都駅地下の特設売り場で売ってたので今回探すの大変でした。

普通に京都駅内のお土産屋さんとかセブンイレブンで売ってましたw

本当に美味しいのでオススメです^ ^

箱売りの物もあるのでお土産にも是非♪